なる子とマーナル☆

まあなんとかなる子とマーナル☆マナールが独身子なしのくせに子育てを中心に色々書くブログ

月の小屋 女性が知らない女性のこと

ああ、アレが来ると仕事にならない。

お腹は痛いし、身体中だるい。

機嫌も悪くなるし、どうしてないんだろう。「生理休暇」!!

 

過ぎるとあんなに辛かった数日間をけろっと忘れてしまう。

 

これも何かの陰謀か。

 

 

f:id:ma_naru:20180818221531j:plain

昔の人はどうしてたの?穢れた女性は月経小屋に隔離する

 

小学校高学年になると、女子だけ集められてレクチャーを受けるアレ。

昔は大きな声で「生理」なんて言おうものなら「はしたない」とたしなめられるような、秘め事のような扱いでした。 

 

まあ、今は性能の良いナプキンがあるし、痛み止めもあるし、随分楽になったよね。性についてもオープンになってきているような気がする。

大概の人は痛み止めとかの力を借りて働こうと思えば働けるし、「今日、アレなんです。つら〜い。」とか職場でも言えちゃう時代です。

 

さて、本当に昔の人ってアレどうしてたのかな?って思ったことありませんか?

昔って昭和とかじゃなくて、平安とか江戸とかの方ね。

 

その昔、日本では月経は穢れという扱いでした。

月経部屋なるものがあって、そこで月経中の女性は過ごすのです。

似たようなものは世界各地であって、現在でもネパールなどではまだ残っている場所があるそうです。

 

私がこの小屋について初めて知ったのはファンタジー小説からでした。

氷室冴子先生の「銀の海、金の大地」コバルト文庫!(笑)

 


 

古事記に登場する人物を基に描かれた長編小説で、未完のまま先生は他界…。

日本の古代を舞台に繰り広げられるファンタジーなんて唯一無二でしょ。

(あの頃、勾玉欲しくて堪らなかったなぁ〜)

 

氷室冴子先生と言えば、平安時代を舞台にしたなんて素敵にジャパネスクや、ジブリアニメの海がきこえるの原作者、といえばピンと来る方もいらっしゃるでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジブリがいっぱいコレクション〜海がきこえる 【DVD】
価格:4061円(税込、送料別) (2018/8/19時点)


  

脱線しました。 小屋のことです。

 

「銀の海、金の大地」の主人公の少女は初潮を迎え、村の月経小屋で数日過ごすのです。そこには同じように月経中の女性たちがまったりと過ごしている。女たちは何もしない。おしゃべりをしているぐらい。匂い消しの薬草かなんかを燃やしていて、小屋の中はちょっと煙たい。月経が終わると身を清めて村に戻るのでした。

(記憶がぼんやりしているけれど、確かこんな感じ)

 

ファンタジーなんですけど、氷室先生はかなりリサーチをして小説を書いていた、ということですので根拠のないことは描かないと思うんですね。

月経小屋については、少なくとも明治の近代化で廃止されるまであった風習です。氷室先生も当然知っていたと思います。

 

「月経中の穢れた存在を隔離する小屋、悪しき習慣」と聞けば、「ひどい女性差別だな。今の時代の方がいいな。」と思っちゃいますね。

 

別の視点で日本の風習を考える

日本の風習や風土について東京や地方でリサーチしながら考察している方から、こんなことを教えてもらったことがあります。

 

例えば戦で落ちた侍の妻が入水した伝説が残る池がある。ほとりには小さな祠があって、この地域の人たちは「あそこには近づいちゃいけない。近寄ると祟りがあるよ。」と言い伝えてきた。

実はこの伝説にはかなり信憑性がない。では、なぜそんなデタラメな伝説が生まれたのかと言うと、人を近づけない為だったのではないか。危ないから子どもたちを近づけない為…とも考えられるかもしれないけれど、つまりは、守りたいものがあったということ。この地域の人が守りたかったものは、この池の源泉、湧き泉だったのではないか。

そして、その池は平成になっても開発の手を逃れ、現在も澄んだ水がコンコンと湧き出ている。

 

そのような視点で考えると、祠があって神木として祀られている大樹は、地震や土砂崩れが起きやすかったりする場所で根を張り地盤を守ってくれているのではないか、など先人の知恵がうかがえる。

 

長く神聖な場所、呪いや祟りの伝説がある場所とされた所には、そうなるべき理由があったのではないか。

 

そしてその伝承は残念ながら途絶えつつある。

 

月の小屋で生理休暇

「月経中の女性は穢れていて近づいてはいけない。」

腫れ物に触るようなこの表現も視点を変えると印象が変わります。

 

多くの地域で、月経小屋にいる間は、女性は仕事をしなくてよかった。

 

学校や病院がない時代に、性のこと、出産のこと、月経小屋は知恵の伝承の場であった。

 

穢れた女に触れてはいけないと言われた男たちは月経小屋に近づかなかった。

月経中で体力免疫力が落ちている女性たちを、月経小屋は男たちから守った。

 

これって「生理休暇」じゃないですか。

 

 差別的と言ってなくなった小屋だけど、いいところあるじゃないかー!

 

(地域によっては生理中だろうと女性を過酷な労働に従事させていたという記録が残っているそうです。そうしないと生きていけない環境、貧困とかが背景にあったのかもしれません。)

 

生理中は、できれば仕事したくないですよね…。

生理休暇プリーズ。

 

「月の小屋」という詩的な表現は津田塾大学三砂ちづる先生がこのインタビューの中で使っていたものです。先生は疫学やお産、女性が抱える問題、などに取り組んでいらっしゃいます。

 

最後に三砂先生の言葉で今日は終わります。

当時は汚れているから差別されて、そこに押し込められていたってことになっていて、もちろんキレイな場所ではなかったかもしれないけれど、その間だけ月経小屋にいって過ごす、という場が日本のあちこちにあったんです。そこがいろんな世代を超えた女性の伝承の場になっていたと言われています。いいですよね。毎月月経のたびにそこへいって、家事や子育てから解放されて女ばかりで3、4日過ごすって、どんなに楽しいかと思いますよね。

疫学者・作家 三砂ちづるさんスペシャルインタビュー 第1回 フェミニズムは女を幸せにしているか。 – salitoté(さりとて) 歩きながら考える、大人の道草WEBマガジン

 

 

毎日更新1ヶ月、本番はこれから。

ブログ開設から1ヶ月が経ちました。

どうせ始めるなら、毎日更新してみよう!と意気込んで、なんとか今日を迎えました。

 

諸先輩方のアドバイスなど読んでみると、毎日、質の高い記事を書き続けること、と皆様おっしゃいます。

 

やってみると、本当に大変なことなんだなあ!と実感!!

 

みんなすごいよ。プロブロガーすごいよ。

 

どうやら一番アクセスがあったのがこの記事

ma-naru.hatenablog.com

 読んでくださった方、ありがとうございます!

 

まだまだブログ自体、アクセス数はかわいい数字ですが、今、読んでくださっている方、本当に本当に感謝します。

頑張りの源です!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:ma_naru:20180817220115j:plain

 

本番はこれから!!

100円で出来る実験シリーズ②<番外編> 結晶の山、最終形態

 先日100円ショップで買える実験キット「結晶の山」をレポートしました。

2〜3日で山が完成するということでしたが、3日経ったところでは、ちょっと禿山でした。

ma-naru.hatenablog.com

 

DAY5で最終形態へ。

 

辛抱強く5日目。

 

ついに、

 

ついに、

 

結晶の山が!!

 

 

f:id:ma_naru:20180816221843j:plain

 

ど〜〜〜ん!!

 

選色だけが本当に悔やまれる。

 

さて、この結晶の山、何かに使うことはできないかしら。

 

乏しい想像力では、もう、雪山にしか見えないよね。

 

 

季節外れだけど、あれしかないわ。

 

 

f:id:ma_naru:20180816221901j:plain

 

スノーマウンテン・クリスマス☆

 

この写真…使える日が来ますように。

 

敗戦国を強く認識した日「VJーDay」

f:id:ma_naru:20180815223459j:plain

終戦の日

 

戦時中と戦後の混乱で苦しんだり亡くなられた方々の為に、これからもずっと平和であることを祈らずにはいられない。

 

8月15日は世界中が平和の為に祈っている、追悼の日と思っていました。

 

ところが、それは日本にいるからこそ持っている視点。

世界は全く違う角度でこの日を迎えているのです。

 

日本は敗戦国であると強く認識した日

日本が敗戦国であることは、もちろん当然のこととして、子供の頃から知っていることです。学校でもそう習いますから。

 

戦争のイメージは、悲しいものばかり。

空襲で罪のない人が命を落とした。

原爆が投下され、街が一瞬でなくなった。

なんとなく被害者的な視点で過去の戦争を認識していました。

 

ある日、私はイギリスにいて、突き抜けるような青空を真っ二つに割るような轟音とともに、見たこともない形の航空機が駆け抜けていくのを呆然と見上げていました。

 

その直後、三機の軍用機が赤、白、青の雲のラインを引きながら一糸乱れぬ隊列を組んで全く同じ空路を駆け抜けていきました。

 

そこで、有事ではなくミリタリーショー的なやつだな、と一瞬こわばった身体の緊張が解けました。

 

それはVJ-Dayの式典の催し、空軍による儀礼飛行だったのです。

VJ-Day、つまりVictry over Japan Day.

8月15日、第二次世界大戦で日本に勝ったことをお祝いする日です。

戦後70年以上経っても、国名を指して戦勝を祝うのです。

(対日戦勝記念をお祝いする国はアメリカなど他にもたくさんあります。)

 

イギリスのVJDayはとても大きなイベントで、女王も出席するし、テレビ中継もあります。

真っ赤な式典用の軍服におびただしい数の勲章を胸につけた元軍人さんのおじいさんたち。彼らがイギリスの英雄でVJ-Dayの主役のようです。

 

「苦しみを乗り越え、戦争で平和を勝ち取った。」

 

そんな印象を受けました。

 

戦争に勝った国の華々しい式典を目の当たりにして、日本は敗戦国であるということを強く、強く、認識させられたのでした。

 

ともに願うのは平和

自分とは違う視点を知ることで、他者との違いも共通点も同じく大事にできるのではないでしょうか。

 

勝とうが負けようが、平和を祈る気持ちは共感し合えるはず。

 

戦争を子どもたちに伝える活動

私が大大大大尊敬している元小学校の先生がいます。定年後長く放課後教室の主任をされていました。その先生のライフワークが戦争体験の語り部です。

 

兄弟の手を引いて戦火を逃れた体験を、毎年夏になると各地の子どもたちに伝える活動をされています。

 

戦争は、歴史の教科書の1ページで全てを語れることではなく、その時代を生きた一人一人にそれぞれの戦争があったことを、子どもたちは感じ取ってくれているでしょう。

 

平和や命の大切さについて、子どもたちが考えるきっかけになっていると思います。

世界ではまだ戦争で苦しんでいる人たちがいることを子どもたちに伝えてみるのもいいかもしれません。

 

 

最後に絵本の紹介

外国のお話です。第2次世界大戦中、ポーランドからイスラエルに移った作者が書いています。

飢えと戦う毎日なのに、パンではなく大きな世界地図をお父さんは買ってきた。

 

子どもたちが読むとどう感じるのかなぁ〜。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おとうさんのちず [ ユリー・シュルヴィッツ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/15時点)


 

100円で出来る実験シリーズ②「結晶の山」

 たった100円で実験ごっこができるなんて、本当に幸せな時代です。

ヒカリ水のレポートをしたばかりですが、2つ目のキットを開封しました。

ma-naru.hatenablog.com

 

実験レポート②「結晶の山」Growing Crystal

開けるとこんな感じ。

・パウダーA(尿素

・液体B(PVA)

・ろ紙

 

PVAというのは糊のことです。海外では、PVA GLUEといえば木工用ボンドみたいなイメージですが、これは見た感じ洗濯のりみたいなのが入っています。

水のりや洗濯のりの成分として使われているポリビニルアルコールのことだそうです。

f:id:ma_naru:20180813195643j:plain

 

他に必要なもの

・紙コップ

・セロハンテープ

・かき混ぜ棒(割り箸とか)

・食品トレーなどの容器

・お湯

・計量カップ

・台所用食器洗剤

f:id:ma_naru:20180813194821j:plain

 

説明書に「水性ペンでろ紙に色づけするとカラフルな結晶が作れる。」と書いてありました。楽しそう!

あかしやの筆ペンで半分色づけしました。

カラフルな結晶…わくわく!

f:id:ma_naru:20180813194657j:plain

 

ろ紙を円錐状にしてテープで固定。

f:id:ma_naru:20180813194718j:plain

 

可愛い〜。なんかこれだけで可愛い。

《予測》半分が真っ白、半分がポップでかわいいカラフルな結晶ができる。

f:id:ma_naru:20180813194743j:plain

 

 

結晶液を作ります。

パウダー(尿素)、液体(PVA)、お湯25ml、洗剤1〜2滴、を紙コップに入れて混ぜます。

f:id:ma_naru:20180813194843j:plain

 

 

トレーに結晶液を入れて、ろ紙の山を乗せます。

f:id:ma_naru:20180813195714j:plain

 

 

数分でセロハンテープが!!

そしてカラフル結晶に暗雲たちこめる。

f:id:ma_naru:20180814104318j:plain

 

かなり早い段階で結晶ができてきました。タイムラプス機能を今までで一番楽しいと思いました。

ブログ用動画growing crystal

 

 

2〜3日で結晶の山ができると言うのですが、

2日目

f:id:ma_naru:20180814104348j:plain

ひ〜っ!溢れてるぅ!どういうこと!!

 

そして色汚い。かわいい模様は何処へ。

 

カラフル結晶を作りたい方は、綺麗な単色で試してみてください。(泣)

 

経過観察もできるので、夏休みの自由研究にはオススメです。 

 

 各社100円ショップが実験キットをたくさん出しているので、ぜひ探してみてくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実験キット 結晶の山
価格:108円(税込、送料別) (2018/8/14時点)


 

 

独身子なしが子育てブログとはどういうことか。このブログを始めたきっかけについて。

このブログ、一応「子育て」カテゴリーに入れているんですね。

 

私は独身だし、子供もいませんから、そんな人間が「子育て」についてブログを書くなんて、アウェイ感半端ない。

 

ある日、Voicyと言うオンラインラジオを友達に勧められて聴いてみました。

いろんなテーマのチャンネルがあるのですが、人気があるのは、起業家の人とかインフルエンサーとかがご自身の仕事のこと、情報発信について、お金を稼ごう!とかを話をしているもののようです。どうしようもない生活を送っている私にはとても刺激的な内容でした。

(お気に入りはあやにー さん、かほこママさん、イケハヤさん、ロブカニちゃん)

 

voicy.jp

 

f:id:ma_naru:20180811213905j:plain

Voicyを聴いていると、何かを始めたい気持ちになるんです。

 

それで、「ブログを書く」だったら始められそうだな、と思ったのでした。

 

ただ、ブログを書くにしてもテーマが必要だな、と。

 

痛い夢追い人な私は、定職に就いた年齢も遅く、生きていく為に子育て系の仕事を色々して来ました。アルバイトがほとんどですが、正規職員だったものもあります。

 

本当は、自分の夢の方でブログを書ければ良いのでしょうが、いつの間にか積み上がっていた、子育て系のお仕事の経験、知識やノウハウをこのまま闇に葬ってしまっていいのか、という気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

 

夢を追いかけて保育士さんになったり、先生になったりした人たちにものすご〜く後ろめたい気持ちがある。

 

だけど、間違いなく私の人生の一部である「子どもたちと関わってきたこと」にもっと胸を張りたい。

 

形として残していくことに挑戦していこう、と思ったのでした。

 

難しい点もあります。

結婚もしていない、子どもも産んでない女の、子育ての話なんて、聞きたい人いないかもしれないし。

 

守秘義務のある仕事ですから、言えることと言えないことがあります。

 

子どもたちとの楽しいやり取りがTwitterで話題になった「てぃ先生」は、全エピソード掲載前に保護者の許可をもらってるとどこかのインタビューで言っていました。

すごいよね。信頼されてるな〜!職場の方も理解があるな〜!

 

そんなこんなで、現場の人が現場の声を発信することが少ないような気がします。

子どもがいない人も子育てについて考えたり発信することって社会にとっても必要なことじゃないかしら。


日常の話も交えながら、少しでも届けることができたらな、と思っているので、読んでくれる人が増えると嬉しいです。

 

100円で出来る実験シリーズ①「化学のヒカリ水」

 子どもの頃は「学研の科学」を隔年で購読させてもらっていた、なる子です。

毎年継続して購読したい!とお願いしたら、「高いのよ!」と言われてしまいました。

 

それが、ですよ。

今や、100円で楽しい実験キットが手に入る時代ですよ。

ma-naru.hatenablog.com

 

実験レポート①化学のヒカリ水

キャンドゥで購入した実験キット

入っていたのはコレ。

f:id:ma_naru:20180812200610j:plain

この薬品は紫外線に弱いらしく、アルミパウチに入っています。

開けるとコレ。

f:id:ma_naru:20180812200803j:plain

 

2種類の液体を混ぜると光る化学反応を楽しもう!と言うキットです。

 

わかりやすくするため、液体をスポイド付きの瓶に入れてみました。

f:id:ma_naru:20180812200824j:plain

右が液体A:蛍光液、左が液体B:酸化液

 

説明書によると、ピンクのやつは染料が入っているので、服とかに着くと色が落ちにくい。

酸化液もスチロールとかプラコップを溶かしてしまうので、気をつけて!と書いてあります。

 

「ゴム手袋や、ポリ袋を使って、手につかないようにしましょう…」

 

なんか怖いんですけど…!!

 

説明書にある通り、机にアルミホイルを敷いて、実験開始!

ペットボトルの蓋で少量で実験してみることにしました。(溶けませんように。)

f:id:ma_naru:20180812200841j:plain

液体が混ざり始めたところから、色が変わってきました。少し、紫がかったような色です。

 

この実験は夜にするのがいいですね。

電気を消してみました。

f:id:ma_naru:20180812200859j:plain

光ってる〜〜!!

 

まさに、お祭りの屋台で売っている光るブレスレットの色ですね。

一晩しか光らないライト。欲しくて堪らなかったなあ。

 

対象年齢は10歳以上と記載されていますが、大人の人がそばにいた方がいいと思います。

 

残った液体どうしようかなー。

とりあえず、冷蔵庫で保管。